« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

2008年7月の買物と行動(予定)

comics
07/01 本当に、やさしい。(新装版) よしなが ふみ  リブレ出版
07/16 1/2 3         木々           秋田書店
07/18 天獄 4         うたたね ひろゆき   集英社
07/23 誰も寝てはならぬ 9  サライネス       講談社
07/23 聖☆おにいさん 2   中村 光         講談社
07/23 まりあ(十字架)ほりっく 3 遠藤 海成    メディアファクトリー
07/25 君に届け 7       椎名 軽穂       集英社
07/25 庭先案内 4      須藤 真澄       エンターブレイン
07/29 秘密 5         清水 玲子        白泉社

(最近になって、ようやく”白泉社”が一発変換されるようになった w )

Novels
07/18 酒気帯び車椅子     中島らも        集英社
07/18 大阪人、地球に迷う(仮) わかぎゑふ      集英社
07/23 経験を盗め 心と体の不思議編 糸井重里  中公文庫

et. al
07/21(海の日)  △ (忘れないように)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.29

2年前の価格

 一日中雨なので家の中でグダグダしつつ、普段使わない引き出しの整理をしていたら 2年前に あきばお~ で買ったSDメモリのレシート(相性保証つき)が出てきた。

  Transcend の 1GByte が 5,499円也

 今だとブランドさえ問わないなら、同価格で 8GByte の SDHC とか同容量が 600円で買えたりしますね。安くなったもんだ。
 この時はまだ価格が高かったので念のために相性保証(+300円)をつけていましたが、今は余程でないとしませんな。

 そろそろ SSD が普及帯に現実的ところまで落ちてきて、まだ当分はNAND型Flashメモリでの東芝とSamsungの覇権争いが繰り広げられているので、容量単価はもう少し安くなりそうな気がしますが、どこまで安くなるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.28

F・マリノス v.s. ジュビロ磐田

F・マリノス v.s. ジュビロ磐田
開始30分前。
キーパー練習中

マツが坊主頭になってロニーと区別がつきにくいなぁ(笑)

続きを読む "F・マリノス v.s. ジュビロ磐田"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でも物欲はありんす

 先週、新しくPCを組み上げると息巻いて秋葉原に行ったものの結局買わず仕舞い。

 で、その翌日に濃い面子と呑む機会があり、その話題となったときに 『Intel Core2 Duo メインで』という話をしたら 激しく AMD Phenom をイチ押しされる。 それまで余り眼中に無かったのだけど、調べてみると Quad-Core でもそれほど高くない。 買うとするなら Phenom X4-9750 あたりだが、TDP が 95W とヤヤ高め。 できれば熱関連は低いに越したことが無いので、調べていくと来週ごろには TDP 65W の X4-9350e がリリースされるとのコト。 ならばこれを待っても良いかなぁ、という結論に達しました。

 MotherBoard は、GIGABYTE の GA-MA78GPM-DS2H か、ASUS の M3A78-EMH HDMI が鉄板ですかね。

 ただ、来週・再来週共にお出かけの予定があるので新PCの構築は当分お預け。


 それと今回PCを組む上での懸念点として、手持ちのケースの都合で高さがあまり取れないこと。 高さを決定する要素としては、

    ソケット + CPU + ヒートシンク + FAN + 空気取り込みスペース

となるが、さっき計ったら MotherBoard 面から 70mm が限界。

 これらを収めようとすると、薄型の冷却系パーツを別に買う必要があるなぁ、と。
 ということで調査すべく、これから再び秋葉原に行って来る。

 『まず、ヲマヱの頭を冷す方が先だろう』 という突っ込みはナシで(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.22

結局

意気込んで秋葉原に行ったものの買わず仕舞い。

代わりに別のものを買ってしまった。

その内お披露目、誰かに謹呈することになるでしょう(謎笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
歩き疲れて休憩中
ただ何も買っていなかったりするんだが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ってくる

最近ウチのメインマシンの調子がどうにもおかしい。

電源SW がお馬鹿になりつつあり、途中でいきなりシャットダウンする。
また、Webブラウザが頻繁に落ちるようになってきた。
しかも、3代目ファイア・フォクスケにした所、更に顕著に(あぅぅ)

家にはなぜか使っていないMicroATX のケースと HDD があるので、あとはマザーと、CPU とメモリだな。
なんだ、4~5万円あれば買えるじゃないか。

っつーことで、これから雨の中、秋葉原に行って買ってくる。
(その考え、オカシイです。 というか、自重しろ、オレ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.15

あれから1週間が経って

秋葉原に行ってきた。

相変わらず駅前ではメイドさんがチラシを配り、外国からの観光客も大勢いて観光地さながらだ。 いつもの賑わっている光景で、中央通りに車が走っていても、平日だったら当たり前だし別に変にも思わない。

1週間前にあんなことが起きたところとは思えないくらいに、普通。

ただ、やはりそこに来ると、ああ実際にあったことなんだ、と思い知らされる。
交差点の歩道の角に設けられたテントには文字通り山積みになった花束と地面にはそれを取り囲むように飲物のペットボトルが置かれている。

脱帽し、眼を閉じ、手を合わせる。 
犠牲者の冥福と受傷者の快癒を祈るのと、そして、
でも、何故?
頭の中にはそれしか浮かばない。

あの時、自分はたまたまサッカーの試合を観るために関東を離れていたけれど、それが無ければひょっとしたら行っていたかもしれない。 もしかして?、なんて事を考えてしまうが、そこから先は思考が停止する。

時間が経って色々なことが報道されて、考えることは色々あるけれど、やっぱりまとまらんし、まとめた所でどうなるモンでもないなぁ。
二度と起きないことを願うしかないのだろうか.....


道路標識
080615_1941080615_1942

以前から歩行者天国の是非が問われてていたが、決定的になってしまった。
当面は非実施、復活の目処は立たないし、復活するかどうかも分らない。
歩行者天国を示すこの白い覆いが再び取れる日は来るのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.08

F・マリノス v.s. アルビレックス新潟

F・マリノス v.s. アルビレックス新潟
開始 40分前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.06

似た感触

3週間ほど前に南九州なんぞに行って遊び呆けてチョットだけ憤慨したりしたのですが、そのときに浴びた紫外線の量はハンパじゃなかったようで。
その日の夕方から腕がヒリヒリし始めて、1週間も経つと薄皮も捲れてくるわけですな。
小学生のときのプール授業なんかを少しだけ思い出したりなんかして。

そして、まとまった大きさの薄皮をめくり取って、フトその表面を指でそっと撫でてみる。
その指から伝わる感覚は何かに似てるんですね。

桜の花弁

そんなオイラの脱皮の欠片ですが、それはもう柔くてスベスベ (キモッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.02

2008年6月の買物と行動(予定)

comics
06/05 ノスタルジア        津田 雅美     白泉社
06/13 ライン 4           西村 しのぶ    講談社
06/19 草の上 星の下      谷川 史子     集英社
06/21 B級グルメ倶楽部 3   今 市子      フロンティアワークス
06/23 ×××HOLiC 13      CLAMP       講談社
06/25 メイド諸君! 4      きづき あきら    ワニブックス
06/26 亀の鳴く声         西 炯子       小学館
06/26 姫の恋わずらい      波津 彬子      小学館

novels
06/13 ただマイヨジョーヌのためでなく L・アームストロング 講談社
06/13 イルカと、海へ還る日      J・マイヨール   講談社

musique
06/04 マクロスF(フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。(にゃんふろ) 
06/11 SHO-CO-SONGS Collection 1  鈴木祥子

talk live (新宿ロフトプラスワン)
06/28 ロケットまつり24「衛星まつり4」
06/29 「ひだまり ないと」 (6/7発売開始/L36472)

et al.
6/15(Sun)  にかく  (←忘れないように)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »