« ノリックこと阿部典史さんの御冥福をお祈りします | トップページ | 大砲を使ったコンサート »

2007.10.10

F・マリノス v.s. 川崎フロンターレ(ヤマザキナビスコ杯)

F・マリノス v.s. 川崎フロンターレ(ヤマザキナビスコ杯)
F・マリノス v.s. 川崎フロンターレ(ヤマザキナビスコ杯)
試合開始一時間前

平日夜のカップ戦
日産スタジアムだと、もうスッカスカ
三ッ沢球技場(ニッパツスタジアム)の方が密度濃くて良いような気もするが.....
開始時間が近づくにつれて増えてくるんだろうけど。


Matchtitle_20071010_vs_frontaleyncu

以下、帰宅してからの書き込み

結果だけを見るとジュニーニョ1人にやられたようだが、ゲーム運びの全てにおいて川崎が上。
川崎のMF は良く動いて、ボールを持ったウチの選手を追い回していたし、DF はプレスをしっかり掛けラインコントロールも上手だったし、FW (特にジュニーニョ)は DF をかいくぐっての飛び出しが良く出来ている。
結果として 1-2 の負けなのだが、運が悪ければあと3点は取られていたかもしれない。

かたやマリノスは相も変わらずDFからFWにボールを放り込む癖(?)が抜けず、そんな感じで簡単にボールを相手に渡すことがしばしば。 それ以前にパスミスが今日も目立ったなぁ。 前が空いているのなら、パスを出さずに自分からドリブルで仕掛けていこう、という気構えが余り見られなかった。 一度、松田がドリブルでグァーーーっと攻めてチャンスを作っていった時があったが、やはりそういう攻めの姿勢というのが何だかアッサリしているんだよなぁ。

2失点目となった PK についても、隼磨のジュニーニョに対するエリア内でのファウルだった。結果として仕方ないかもしれないが、そんな風にファウルをしてしまうまでの過程でやはり不足しているところがあったんじゃないかと。 確かに一瞬のスキマを狙われた感じではあったが。

マークが厳しい中でも功治はキレキレだったんだけど、やはり囲まれるとツライ。 もっと他にサイドも有効に使って相手DFを散らせるような戦術じゃないと難しいだろうね。
那須はクロスの精度はそんなに悪くはないと思うのだが(ヒドイのもあったが)、やはり左サイドDFというポジションが収まってない感じ。 松田に「もっと前に出ろ」なんて合図されていて(厄介払い?)、割と前線に絡んでくる場面が多かったかと。
乾は場慣れしてない感じが強いのと、もっと自分から積極的にボールを貰いに行く姿勢でないと触ることすら覚束ないような気がする。戦術的にも坂田と組んで相手を引っ掻き回すようなことができれば攻撃に幅が増すのではないかなぁ。
そして攻撃と言えば、マイクなのだが、出てくる時間が余りにも遅すぎる。 クロスを上げる際の起点(目印とも言うが)になるんだから、パワープレイするのならもっと早くだして.....

リーグ戦含めて負けが込んでいる。
次の土曜日の試合では2点以上とって勝たなければ決勝には進めない。 これはツライ。

|

« ノリックこと阿部典史さんの御冥福をお祈りします | トップページ | 大砲を使ったコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6230/16721260

この記事へのトラックバック一覧です: F・マリノス v.s. 川崎フロンターレ(ヤマザキナビスコ杯):

« ノリックこと阿部典史さんの御冥福をお祈りします | トップページ | 大砲を使ったコンサート »