« ツーリング日記 (5/1) | トップページ | F・マリノス v.s. ジュビロ磐田 »

2006.05.29

ツーリング日記 (5/2)

GW の行程録 -3日目- (5/2)

そろそろ 1ヶ月近くになるなぁ。
とりあえず思い出しつつ、最後までは書く(予定)。


 起きたら予報通り雨だった。

 昼迄は雨が降る予報だが徐々に回復するとのことなので、それを期待して雨仕様の荷造り。 チェックアウトを済ませて、出発したのが 08:00。

 雨の中、上高地に向かう道路は車は多いものの、渋滞も無くいい流れで進む。

 途中、何台ものバイクとすれ違うが、その度に挨拶を交わす。
 左手を上げる人もいれば、コクリと僅かにうなずく人、ピースサインもあり、人によってはガッツポーズをする人もいる。 こんなことをするのはバイク乗りしかいないなぁ。 こんな乗り物に乗るのは趣味でしかないし、しかも今日は雨なのに。

 共通の趣味を持ち、道路の上ではマイノリティ同士の連帯感というのは感傷的なのかもしれない。見知らぬ相手を認識してすれ違うまで、ホンの数秒間に過ぎないのだけれども、やっぱりこういうのは良いもので嬉しくなる。


 雨の中、車の流れに乗ってバイクは進む。 やがて上高地手前の分岐から急な坂道を登って安房峠トンネルに入る。
 長いトンネルを少し進むと平湯側に向かって下り勾配となり、そのあたりから猛烈な寒気がしてきた。 山深い峠のトンネルせいか何かこうオカルト的なものも想像しつつ、それでも只ならぬ冷たい空気に震えをもよおす。 どうしてこんなに寒気がするのだろう?、と思っていたが、どうやら平湯側からの冷気がトンネルに流れ込んでいる模様。 トンネルの中なので雨の影響はないが、雨に降られ続けた上に押し寄せる冷気のおかげで尋常じゃないほどの寒気。 グリップヒータのおかげで手が悴むことはないが、それにしても寒い。

 やがてトンネルを抜けるとまたもや雪景色。
 雪の代わりに冷たい雨がしのつく平湯のパーキングエリア付近にあった外気温表示は、5~6℃。 寒いわけだ。

Img_0446 Img_0449

 ここから、富山方面に向かう道を進む。
 近くに温泉があるようだが、今までのスローペースで結構時間をロスしていること、まだ雨は続きそうなことを考慮して入湯はパス。

 途中、神岡にある道の駅によってスーパーカミオカンデのプロモーションビデオを見ながら休憩。

060502_1111_1
 ここで食べた熱々の なめこそば。 冷え切った体に熱分補給。

 雨は止んだようだったので、レインコートを脱いで再び走り始める。
 しかし、雨はまた降り出した。
 神通川の川べりを走る道路は晴れていれば気持ちいいかもしれないが、ウェットな状態でハイペースな流れの中ではただ単にツライだけ。

 再びレインコートを着込んで走り、しばらくすると富山市内に下りてきた。 雨は止む気配なし。
 雨が降っていなければ、富山市内に開通したばかりの路面電車を見に行こうと思ったがあきらめることにする。 雨仕様だと地図をみるのも面倒になってくるので、当てずっぽうで徒を進める。 回り道をしつつも、国道8号線に入り、熱分補給のために再び道の駅(新湊)に立ち寄り、今度は桜海老のかき揚げ入りうどんを食べる。

060502_1349

 さすが富山だね。海のものがうまいや。
 少し疲れが出てき始めていたので、ここで雨が止むまでしばらく休憩をとることにする。

 14時を過ぎてようやく雨が止み、天気の回復傾向も見て取れたので、行程再開。

 国道8号線を高岡から、氷見方面の国道160号線にスイッチし、氷見市街から能登半島を横断するような形で羽咋に向かう。
 そして、この日のメインイベントの 『なぎさドライブウェイ』。
 ここは砂浜を走ることのできる唯一の公道として有名な道路。
 観光名所にもなっていて、乗用車はおろか観光バスまでもが走る。

Img_0477 Img_0460

 やっぱり不思議な光景ではあるし、実際に走ってみると、これまたイイ感じ。
 すぐそこは海で波が打ち寄せてくる。

Img_0454 Img_0473

 砂は細かく、波打ち際を走るために硬くしまっていることから、スタックするようなこともなく、轍もない。
 普通の道路と比べるとグンニャリとした感じはあるが、急ハンドルを切るようなことがなければなんてことはない。

 有名なダカールラリーの最終日は、完走した参加者全員で隊列をなして波打ち際の砂浜をウイニングランするのだが、少しでもその雰囲気を味わった気がする(イヤ、全然比較にならないのですけどね)。

Img_0494_1 Img_0499


 能登を下って金沢市に入るころには天気は晴天。
 もう少し天気の回復が早ければ言うことはなかったが、少なくとも雨降りの中で砂浜を走らずに済んだだけでもヨシとしよう。

 今日の泊まり先は実妹の家。 互いの近況を話し合う。
 「あらあら、そうするの?」という話を聞き「まぁまぁ、頑張んなさい」というような感じ。
 共通の話題はやはり漫画。
 あんまり腐女子向けのモノは読まないらしいが、よしながふみ 辺りは読むらしい。

 近所のファミレスで晩御飯を食べながら、
 「フラーワ オブ ライフ の 2巻が最高でさぁ」
 「あ、ひょっとして、間島が言ったせりふ?」
 「そうそう」
 「「 この、雌豚ッ !! 」」 (二人で大笑)

 傍から見たらウチの家族ってヘンでしょうね。


 この日は雨で疲れていたこともあり、22:00頃就寝。
 頼むから来客用の布団くらいは用意しておいてくれな > ぴも~と。

|

« ツーリング日記 (5/1) | トップページ | F・マリノス v.s. ジュビロ磐田 »

「バイク」カテゴリの記事

「備忘録」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6230/10285431

この記事へのトラックバック一覧です: ツーリング日記 (5/2):

« ツーリング日記 (5/1) | トップページ | F・マリノス v.s. ジュビロ磐田 »