« ツーリング日記 (4/30) | トップページ | ツーリング日記 (5/2) »

2006.05.14

ツーリング日記 (5/1)

GW の行程録 -2日目- (5/1)

(しっかし、もう半月も経ってるよ)



 朝、目が覚めたら 05:30 だった。
 勿論相部屋の方たちは寝ているし、朝食は 07:00 からなので二度寝を決め込む。
 二度寝から覚めても 06:30。
 このままじっとするのも仕方ないので、朝の散歩。

Img_0262 Img_0250

Img_0258 Img_0259

 まあ、なんというか優雅にも早朝の高原を散歩しやがりましたですよ(ヤロー1人で)。  そんなこんなで朝食の時間になり、朝からしっかりご飯をいただいた(昨日の就寝に引き続き、これも久方ぶり)。


 相部屋の人とお喋りなんぞをしつつ、もそもそと出発の支度。  草津高原YHを出立したのが、08:00。  オドメータは、15,465km。

 ここから、草津志賀高原道路へと輪を向ける。
 朝の高原道路の空気は心地よいはずだが、ここは温泉地の高原。
 ピンと張りつめた冷たい空気の中、ほのかに硫黄臭が漂う、すがすがしい高原道路。

 つづら折を幾度か繰り返し、気圧の影響からか高度を上げるにつれてアクセル開度もいつもより大きくなる。
 単気筒のエンジンはここらへん敏感だなぁ、と感じることしきり。

 やがて辺りは雪景色。
 前日もそうだったが、今年は雪が多かったことと、春先の気温があまりあがらなかったこともあり、ここでは雪融けも遅かった模様。
 ただ、路面は除雪が行き届いており、凍結はおろか前日の雨はなかったかのようにドライな状態。

Img_0265

 そして、やたらと目に付く駐停車禁止の標識。
 その理由として立て看板には ”高濃度の有毒ガスがあるため、駐停車禁止” という表現で書かれている。


 道路の一部は温泉から出てくる硫化水素ガスの通り道と重なっているらしく、おそらく長時間の滞在は健康に被害が出るほどのものなのだろう。また、ここの辺りだけ、植物が生えていない。
 確かに、やり過ぎた茹で卵よりも遥かに濃度の高い、あの臭い。
 言われなくても長居はしたくない場所である。
 バイクを停めて写真を撮ろうとも思わなかった。


 高原道路の入り口で、歩行者・軽車両進入禁止の標識があったのはそのためかと、納得。
 それにしても、よくここで道路工事をしたもんだ。


 やがて着いた先は、国道最高地点(2172m)。
 国道で無いなら、富士スバルラインとか一般車通行禁止になった乗鞍スカイラインがあるけど、まぁ、ここも 『日本一』 ということで。

 朝とはいえやはり名所なのか、多くの車両が駐車エリアに乗り入れてくる。
 その隙を狙って写真を撮る。

Img_0291 Img_0285



 その後は、山下り。
 この時間でもまだ早いこともあり、ハイペースに進む。

 湯田中を抜け千曲川に沿って走り、大町街道にスイッチ。
 トンネル工事の影響もあって一部で渋滞に巻き込まれたところもあったが、それ以外は非常に順調。
 長野オリンピックのおかげもあり、街道となる道路の整備は行き届いていた。
 ただし、道の駅に併設された、中ががらんどうになった大きなホールらしきものがあった。
 これからどうするんだろう?、と思ってしまうような設備なんかもあり、やはり反動はそれなりにあるようだ。


Vfsh0012



 しばらくすると、白バイが前を走っていた。 かといって、スローペースで頭を抑えられることもなく、順調なペースで白馬(青木湖畔)に到着。


Img_0295

 ここから南下し、木崎湖を目指す。
 目標地点その1は、海ノ口駅。
 その詳細は省く (以降の目標地点はどういう背景があって訪れているのか、については知らない人はスルーする方向で -笑-)。

Img_0330 Img_0312


屋根に住み着いていたツバメのつがい

Img_0323 Img_0325

 君たち、仲悪いの? (笑)




 目標地点その2は、木崎湖のキャンプエリアと、湖に延びる桟橋。


Img_0358 Img_0378

Img_0359

 滞在時は北よりの風が強く、湖面は波だって、突風が吹くと水のしぶきさえ飛んでくる。

Img_0366 Img_0380

 そんなこんなで昼も過ぎ、お腹がすいたところで次の目標地点へ。




 目標地点その3は、木崎湖から程近いところにある温泉施設「ゆーぷる」さん。
 ちゃんとした温泉で、しかも露天風呂もあり、昼真っからダメ人間全開(全壊?)モード。

Vfsh0013 Vfsh0014 Vfsh0015

 この後、同施設の食堂でお昼ごはん。
 やっぱり信州にきたらソバでしょう、ということで天ザルを注文。
 ビールも頼むと究極ダメ人間になれるのだけど、まだまだバイクに乗らないといけないので、ここはグッと我慢がまん。

Img_0382




 木崎湖を出発した後は、さらに南下して、向かうは松本。
 途中雪融け水で茶色に濁った高瀬川の堤防に沿った道路を走る。
 安曇野の山並がとても美しい。


 幾層にも重なる山肌が、本当にレイヤーを幾重にも重ねた絵のようで、しかもそれがバイクで距離を進める内にゆっくり動いていく様は非常に和みますなぁ (和みすぎると事故の元なので、一応気を配ってはいましたケドね)。


 豊科IC から長野自動車道に乗り、梓川SAで燃料補給とお土産の買い物。
 バイクなので、嵩張らず、かつ分量の多いお土産を選択することになる。
 そのため、色々な味のキャラメル詰め合わせを購入。




 松本IC で高速を降り、向かう先は”あがたの森”にある旧制松本高等学校。
 これが目標地点4で今日最後の目標地点。
 建物内に入ろうと思ったが、あいにく今日は休館日。



Img_0387 Img_0392

 仕方がないので、外から建物・道並を撮り、散策。

Img_0386
Img_0406 Img_0413

 ここも落ち着いた非常にいいところですね。




 しばらくマッタリとしたあと、今日の逗留地である、信州健康ランドへ。
 ここはその名の通り健康ランドなのだけど、ビジネスホテルも併設されていて、種々の入浴をしつつチャンと寝られるよいところでした。
 しかも、割り当てられた部屋は眼下に JR線を眺められるところ。
 結構この区間って貨物列車が走るんだね。 意外だった。

 翌日の天気予報は.....雨。 
 午前中は降るらしいが午後から回復するらしい。
 気象庁は信用できないけど、藁をもすがるというのでしょうかね。
 晴れて欲しいと思わずにいられなかったり。

|

« ツーリング日記 (4/30) | トップページ | ツーリング日記 (5/2) »

「バイク」カテゴリの記事

「備忘録」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

富士山 五合目(富士スバルライン)…2,305m
富士山 新五合目(富士山スカイライン)…2,450m
富士山 須走口五合目…2,000m

但し、いずれも県道というオチ。

去年の9月に標高2,000mの美ヶ原までうちのFitで行ったけど、やっぱりエンジンが悲鳴上げていましたねぇ。馬力が上がらないのが分かる分かる。

投稿: KOH | 2006.05.15 00:56

 をを、調べていただいてありがとうございます。

 2000mを超えると、やっぱりどれも苦しいですね。
 スカッ、スカッ、て感じで手応えが無いと言うか...

投稿: 味噌田楽 | 2006.05.16 02:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6230/10072716

この記事へのトラックバック一覧です: ツーリング日記 (5/1) :

« ツーリング日記 (4/30) | トップページ | ツーリング日記 (5/2) »